【ハンカチ必須】共感者続出の漫画「毎日かあさん」に、感動ツイート続出!(画像あり)

記事を読む前にいいね!を押してね!

毎日新聞に掲載されている「毎日かあさん」

2009年から毎日新聞に掲載されている、

短編漫画の「毎日かあさん」が話題になっています。

子育てに追われる多くの親御さんにとって、

漫画に描かれているような忙しい日常に、

共感できる面も多いのではないでしょうか?

cdn.cadot.jp sam1-3

今回は、反響の声が大きい回を厳選し、紹介していきます!

 

2016年2月22日の回に感動・共感する人が続出!

こちらは2016年2月22日号に掲載された回です。

幼き日の子供たちは、親に遊んでもらいたいと思い、せがんできます。

家事などで忙しいと言う理由であまりかまってあげられず、

大人になった子供たちをみて、少し後悔するという内容です。
Cb0hfc9UsAAbt8Z

こちらを [email protected] さんがツイッターに投稿するや否や、

数々の反響が巻き起こりました。

同じような経験をした人や、カウンセラーの方もツイートに参加するなど、

共感する・感動したなどのコメントが多数寄せられたようです。

映画の一幕にもあった感動シーン

こちらは、映画化されたシーンにあった、主人公のお母さんの夫が亡くなる場面です。

映画でも思わず涙してしまう感動シーンだったと言う人も少なくありません。
img_0

img_1

悲しみに暮れる中でも、子供たちの思いやり溢れる行動に感動してしまいますね。

こうした悲しみを分かち合える育児をしていきたいものです。

時折登場する旦那さん、笑いの中にもしんみりしたシーンが

こちらは、カンボジアに旅行に行った際に、

旦那さんの写真をうっかり忘れてしまったという回です。

面白さの中にも、悲しみが薄れて行っていることに気づいたようでした。
img_2

漫画の内容は、作者である西原理恵子さんの実体験に基づいている

毎日かあさんが、多くの人の感や共感を得られる秘密は、

作者である西原(さいばら)理恵子さんの実体験に基づいていることが第一でしょう。

当たり前に起こる毎日の出来事に対しても、

多くのドラマがあることに気づかせてくれます。

img_3

”私のやってることは世界中の女がやってること 毎日はそれだけで楽しいよ。”

-毎日かあさんに掲載された西原さんの言葉より-

 

 

痛快な面白さが多くの読者に受けている

作った話ではなく、実際にあったことをネタにしているせいか

反響も良く、数々の漫画賞を受賞する成果もあげています。
img_4

こちらの回では親子ってホントに似るんですねと

感じる一幕です。

毎日かあさんの後悔する場面にあるもの

笑いのあるシーンが多い中で、時折おかあさんが

後悔する場面も見受けられます。

冒頭でも紹介した回もその一つですが、

「家事なんかしなきゃよかった。」
「家なんてもっと汚くてよかった。洗濯物もためちゃえばよかった。」
「あんなに抱っこして欲しがってたのに・・・」

という言葉の裏に隠れたものに、胸が熱くなるのを感じるでしょう。
saibara3

しかし、現実には子供の面倒を見ながら家事をするのは大変ですね。

すべてを一人でこなすのは、とても体力が要るので、

並大抵の事ではないと思います。

今子育てに奮闘中の方からも、適度に息抜きをしながら、

子供と遊ぶ時間を作ったらいいというアドバイスも見られるようです。
人生経験が豊富な人ほど、「毎日かあさん」を読んで

共感・感動できる人が多いのではないでしょうか?

全国のお母さんを応援する漫画として、これからも色んな話を描いてほしいですね。

 参照:[email protected]