【戦う女性】4児の母がSNSで裸体を公開!直ぐに、103人から友達削除されたその理由とは?

記事を読む前にいいね!を押してね!

ベスさんは、32歳で乳癌を発症

オーストラリアのベス・ワーンガさんは、4人のお子様の母親です。

彼女の32歳の誕生日に、乳癌を発症しました。

ベスさんは、絶望を感じました。

彼女には、BRCA1という遺伝子変異があったため、乳腺、子宮、卵巣での腫瘍発症リスクが高かったということです。

癌が転移する前に、治療をしなければなりません。

ベスさんは、両胸および子宮摘出の手術をしたのです。

beth_001

手術後、ベスさんは、手術痕を隠しませんでした。
彼女は、友人で写真家のナディア・マソットと一緒に、「Under The Red Dress Project(赤いドレスの下プロジェクト)」を始めたのでした。

このプロジェクトは、手術の傷跡が痛々しく残る全裸姿を公開するものでした。

「毎日、知らない人たちと道ですれ違うけれど、素の身体は、別の違うことを語るのかもしれない。」

「癌の影響を受けているのは、世間の沢山の人たちだと伝えたかった」

ということです。

beth_002

ベスさんは、自分自身の全裸写真をFacebook に投稿

「写真はトップレスの写真を含むため、物議をかもす可能性があります。このプロジェクトの目的は乳がんに対する認識を高めることで、性的な目的は一切ありません。
もし不快だと思う場合は、ニュースフィード上からこの投稿をブロックしてください」

beth_003

ベスは、メッセージを受け取る

ベスはその後、多くのメッセージを受け取りました。

彼女の勇気を讃えるものでした。

写真を公開すると、103人の友達から削除されました。

「刺激が強い写真を見せつけられたくない。

Facebook を使う子どもたちに配慮が足りない!」

との理由のようです。

beth_004

友人で写真家のナディアは、ベスの全てを支持していました。

「結局は『見たくない』人ほど、何かに気がついたと思う。
無知でいるのは、正しい選択ではない」

と、ナディアは考えています。

beth_005 beth_006

このプロジェクトには、その後、乳癌を経験した多くの女性が参加しました。

それぞれの手術跡を露出し、公開したんです。

このオーストラリアのベス・ワーンガさんのキャンペーンには、賛同する人だけではなく、様々な意見があります。

このプロジェクトは、乳癌の治療への認識を高める事と、女性に勇気を与えるのが目的です。

一つの行動で世界に広めた女性ベス・ワーンガさんをあなたはどう思いますか?