【考察】「昔はもっと大変だった。だからあなたも苦労しなさい」はやめて!小島慶子の主張に共感の声が多数!!

記事を読む前にいいね!を押してね!

元TBSアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーやコメンテーターとして活躍する小島慶子さん。

日ごろから様々な時事問題にも独自の視点と歯切れのよい言葉で切り込んでいる小島さんですが、働きながら育児をする女性が1度は直面するかもしれない、ある状況に対して彼女なりの考えを主張しています。

ワーキングマザーの活躍を阻むのは“元ワーキングマザー”?

小島さんが局アナとして勤務していた時のこと。
労働組合の執行役員として、育児に関する制度の改善を前任者から引き継いだんだそうです。

その時に前任者の口から出た言葉というのが・・・

「制度を改善しようとすると、
『私たちは、助けてもらえなくても
頑張って育児と仕事を両立した』

という声が壁になる」

という残念な事実でした

出典 小島慶子オフィシャルブログ

テレビ業界に限らず、子育てをしながらフルタイムで女性が働くということは簡単なことではありません。

長い年月をかけて、子育てをしながら働く女性の声を少しずつ積み重ねて、様々な制度が整い始めたり、企業独自の子育て支援制度を設けるなどの施策が進んできました。

小島さんが局アナとして働いていた当時は、働きながら子育てをするための制度を見直し始めるという時期に差し掛かった頃であったため、そういった制度に守られることなく育児と仕事を両立してきた先輩ママ社員たちにとっては

「(私たちも大変だったんだから)だからあなた達も苦労しなさい」

という思考になり、働きながら子育てをする経験をしてきた人たちこそが、新たな動きを阻む一番の障害になってしまうというのです。

小島さんは、こういった過去の経験談に対して疑問を持ったそうです。

そして、小島さんが導き出したこの疑問へのアンサーに共感の声が集まっています。

密かに感じていた「こうだったらいいのになあ」を教えてほしい

数少ない女性社員が、孤立無援で男性社会の中を闘い抜いたという苦労は、どれほどのものだったのか・・・

小島さんは、制度改革を阻む先輩ママ社員たちの声を反対勢力とは捉えず「だからあなた達も苦労しなさい」の言葉の裏に隠れているであろう、先輩ママたちの過去の経験に目を向けていました。

ワーキングマザー・専業主婦問わず、とりわけ“子育て”に関することは周囲からの意見を受けやすいように思います。
「育児業界は10年ひと昔」というように、育児にまつわる情報は短期間に新しいものに変わりますし、育児グッズに関しては毎年のように新たに便利なものが登場します。

そうなると、余計に「昔はもっと大変だった、今の親は甘えている」という、過去の苦労経験をまるで攻撃のように吐き出すのは、アドバイスされる方にもする方にも良い効果は生みません。

仕事でも子育てでも、
自分はこんなに大変だったけど
やりきった!
と言いたい気持ちは
よくわかります

 

それは本当に心から、ねぎらいます
どんなに辛かったでしょう

 

だけど、同じことを
違う環境、違う時代を生きる人に
強いるのはやめてほしいな

 

激務に耐えて、働き通した!
孤独に耐えて、育て上げた!
ほんとにめちゃくちゃ大変だったけど、
死ぬほど頑張った!!

 

という人には

 

頑張っているときに
誰にも言えなかったことを
教えてほしいです

 

歯を食いしばりながら
密かに感じていた
「こうだったらいいのになあ」
を教えてほしいな

 

こんなこと、望んでも叶わない
我慢するしかないんだ、
と涙と一緒に飲み込んだ思いを

 

どうか次の世代に
聞かせて下さい…

 

って、思います

出典 小島慶子オフィシャルブログ

男性社会の荒波に揉まれながら、歯を食いしばって働いてきた先輩ママたちにとって「辛かった」「苦しかった」という思いは、ただの弱音。
そんな厳しい環境の中で戦ってきた女性は、おそらく「負けたくない」という鎧を身に纏ってきたのでしょう。

だからこそ、かつての自分と同じ境遇にある女性にも、自分たちと同じような“強さ”を無意識のうちに求めているのかもしれません。

小島さん自身は、先輩ママたちが心にしまってきたであろう

  • あれは間違いだった
  • あのときはしんどかった
  • ああすれば良かった
  • こうだったら良かった

という思いこそ、「今困っている誰かのためになる」と考えたそうです。

ネットでの声

小島さんのブログを読んだ方からは、「辛い思いに寄りそう優しさこそ、相互理解を深めるカギになる」というような、優しさを称賛する言葉が多く見受けられました。

これを読んであなたはどう思いますか?

参照元:http://home.kingsoft.jp/news/ent/heaaart/210055.html