【いい話】あのハリウッドスターが誰にも明かさなかった秘密とは…彼の死後、徐々に明らかになる…

記事を読む前にいいね!を押してね!

カイル・アプハムさんは長年にわたってアメリカ陸軍で軍人として勤務し、2004年に彼はイラクへと派遣されました。

カイルさんはイラクへの出発直前、婚約者と結婚。

それから数ヶ月後に帰国したとき、花嫁のクリスティンさんに婚約指輪を少し遅れて購入することに。

2人はカリフォルニア州サンタバーバラにある高級ジュエリーショップを訪れました。

th_1-61

そこで2人は、一つの指輪に一目惚れします。

しかし、その指輪は9000ドル(約90万円)もし、当時の2人には到底手が出ないものでした。

がっかりした2人は、同じような指輪でもっと手頃な価格のものが出てきたら連絡して欲しいと電話番号を店員に渡し、すっかり気を落としてその店を後にしました。

店を後にしてしばらくした時のことです。

突如カイルさんの携帯電話が鳴りました。

電話をかけてきたのは宝石店の店員。

2人にすぐに店に戻ってきて欲しいという電話だったのです。

その店からまだそう遠くはなかった2人は店へと戻ります。

そして、店に戻ると店員の手に商品の入ったバッグを持ちドアの前で立っていました。
店員は笑顔で

「こちらがお2人の指輪です」

と告げバッグを手渡し、店内へと戻って行ってしまったのです。

バッグの中身を見たカイルさんとクリスティンさんは言葉を失いました。

それは2人が選んだ、あの高価な指輪。

添えられたメモには匿名の寄付者が全て支払ったと記されていました。

2人は信じられませんでしたが、それでも大喜びでその匿名の人物に感謝しました。

誰がこの素晴らしいプレゼントをくれたのか、2人は知らぬまま9年の歳月が流れます。

幸せな結婚生活を送りながら、この匿名の寄付車は誰なのかいつも不思議に思っていたそうです。

そして、2013年。

映画『ワイルド・スピード』への出演でよく知られる有名俳優のポール・ウォーカーが悲劇的な死を遂げました。

死後、彼のFacebookページには、彼が生前にしたことを紹介するストーリーが続々と投稿され始めました。

そうしてそこで、あの宝石店の当時の店員が、アプハム夫妻と同時刻に偶然店内に居合わせたウォーカーのストーリーを紹介したのです!

店内でアプハム夫妻のやり取りを目にしたウォーカーは、夫婦が店を去ると指輪の代金を支払い、匿名者からの贈り物だと言って渡してほしいと店員に伝えたそうです。

th_2-47

カイルさんとクリスティンさんは、9年経ってようやく明らかになった真実に驚きを隠せなかったといいます。   そしてクリスティンさんはこのようにコメントしています。

「今日に至るまで、これほど寛大な行為を受けたことはありません」

ポール・ウォーカーはそれ以来、2人にとって特別な存在となりました。 彼の優しさは、2人の指輪の物語としてしっかりと記憶に刻まれ、これから何世代にもわたって指輪とともに受け継がれていくでしょう。

th_3-38

なんと、ポール・ウォーカーは生前にこのエピソードについては一度も語ったことはなかったそうです。

幸せになってほしいという、彼の純粋さの表れではないでしょうか。

2013年に思いもよらぬ事故で急死したポール・ウォーカーのご冥福をこころよりお祈りします。

参照元:http://cadot.jp/impression/36623.html/3