【小さな命】海岸に残された足跡・・・ これはある生き物からの「悲しいメッセージ」であることをご存知でしょうか?

記事を読む前にいいね!を押してね!

愛知県渥美半島の南側に位置する表浜海岸は、約50kmにも及ぶ長浜で、自然も豊富であり、古くから絶滅危惧種である「アカウミガメ」が産卵に訪れる場所として有名でした。

アカウミガメは安全に産卵できる場所でしか産卵を行わず、自然の豊富な表浜海岸を選んで毎年産卵を行っていたようです。

しかし、近年、海岸の人工化が進み、アカウミガメが産卵できないという悲しい事態が発生しているのです。

24-29

その理由は海岸にテトラポットなどのブロックがあり、アカウミガメの進路を阻んでいるからです。

砂浜に上陸することさえ困難な、アカウミガメが、産卵しまた同じ道を辿って海に戻ることだけでも命がけの行為なのですが、行く手を阻む障害物のせいで何度も迂回を試みたり延々と続ブロックに沿って何時間も移動せざるを得ない状況なのです。

25-28

産卵をするために砂丘を目指し、海外沿いに刻まれたタートルトラック(ウミガメの足跡)。

26-26

ブロックに阻まれ移動し、また阻まれます。

この足跡を見ていると、無事に砂丘にたどり着くことができたのか心配になってしまいます。

産卵のピークである夏には、こういったタートルトラックが多く見られるそうです。

仮にブロックを越えて、砂丘にたどり着けたとしても、帰り道をブロックで阻まれることがあり、海に戻ることができず最悪の場合、死に至ることもあるようです。

また、このようにブロックにはまり込んでしまい、死んでしまうアカウミガメもいます。

27-26

アカウミガメはバックすることができないので、この状態で、顔が水に浸かり、窒息してしまうそうです。

無事に産卵を終え、孵化したウミガメの赤ちゃんも同じように、ブロックに阻まれ、海にたどり着くことができない場合があるのだそうです。

1-115

アカウミガメは海岸がどんなに変化していようと、毎年産卵にやってくるそうです。

このように悲劇が続くと、アカウミガメは、産卵することができず、絶滅してしまう恐れも十分にあり得ます。

そんな事態を避けるために立ち上がったNPO法人表浜ネットワークの田中雄二さんは、10年間にわたって、アカウミガメが産卵しやすい砂浜作りを試みてきました。

また、表浜海岸の問題や課題を多くの人に伝えるために、企業や学校などに広報活動を行ってきたそうです。

そしてもっと多くの人に現状を知ってもらうため、クラウドファンディングで資金を募り一冊の冊子を作成することになりました。

私たち人間が安全に暮らすために設けたブロック、そのブロックが、アカウミガメたちを苦しめてしまっているのが現状です。

このような、田中さんの活動が、絶滅を危惧したアカウミガメたちが、安全に産卵できる砂浜へと保全できるのです。

決して見過ごすことのできないこの問題、しっかり目を向け小さな命を守っていきたいものですね。

参照元:https://readyfor.jp/projects/omotehamanetwork