【感動】若いころ落ちこぼれだったタモリさん。そんな彼の人生を変えたのは、半開きのホテルのドアだった・・・

記事を読む前にいいね!を押してね!

今や芸能界の大御所として皆の尊敬を集めるタモリさん。

名司会者ぶりもさることながら、その人間性に魅了される人も多いのだとか。

001-3

しかし、タモリさんの人生は決して順風満帆というわけではなかったようです。

タモリさんが芸能界に入ったのは、30歳手前。

それまでは職を転々として、自分の人生に思い悩むことも多かったといいます。

そんな彼にある日、人生を変える出来事が起こります。

それは、飲んだ帰りにホテルで「半開きのドア」を見かけて中をのぞいてしまったこと。

タモリさんは、芸能界に入るまでは、
ちょっと変な人だったし、社会人的には落ちこぼれに属する人でした。

早稲田大学を中退したタモリさん、故郷の九州でいろんな仕事を転々とします。

保険外交員、喫茶店の従業員、ボーリング場の支配人、
ガードマン、絵画のヌードモデル、さらにはヘビ使い、
ヒモみたいなこともやってたそうです。

30歳になるころには、さすがにこれでいいのだろうかと、
自問自答することもあったそうです。

「タモリ」というダイヤモンドの原石が発掘されるのは、
ほんの少しのきっかけに過ぎなかったのです。

ある日、タモリさんは知り合いとホテルで飲んで、廊下を歩いて帰るところでした。

ある部屋から賑やかな音が聞こえてきました。

「何だろう?」

鍵がかかってなかったので、タモリさん思わず扉を開けてのぞきました。

そこはドンチャン騒ぎの真っ最中。

ゴミ箱をかぶって虚無僧に扮した人が、
歌舞伎の真似ごとなどしてるところでした。

それを見たタモリさん、思わず血が騒ぎました。

「俺の感覚と同じじゃないか。これは俺を呼んでいる!」

虚無僧の真似をしてる人の頭からゴミ箱をとり上げ、自分も一緒に踊り始めたのです。

突然乱入したタモリさんを、ひとりが冗談のインチキ中国語でなじりました。

そうすると、タモリさんは、それより数段うまいインチキ中国で返答。

そこの一同と一瞬にして意気投合したそうです。

その一同とは、ジャズピアニストの山下洋輔さんとそのメンバーだったのです。

002-23

その夜は、山下さんとタモリさん、名前を名乗っただけで別れたのですが、
山下さんたちは、どうしてもあの日のタモリさんのことが忘れられませんでした。

そこから、多くの人を巻き込むタモリ探しが始まります。

「面白いヤツが博多にいる!あいつにもう一度会いたい」

その場に居合わせた人たちは「森田」探しをすることになります。

手掛かりは、

「博多にいるジャズ好きの森田という苗字の男性」

これだけです。

博多で最も有名なジャズ喫茶にたずねたところ、常連に同じ名前の人がひとりいる。

それがタモリさんでした。

山下さんを中心としたメンバーは、「伝説の九州の男・森田を呼ぶ会」を結成し、
カンパを集め、3年後にタモリさんを上京させることになります。

その後、上京したタモリさんを

「この男を博多に帰してはいけない」

と住まいを提供したり、車を貸したり、
いろんなサポートをしたのが漫画家の赤塚不二男先生でした。

ちなみに、赤塚先生、タモリさんには豪華マンションを提供しながら、
ご自身は、事務所のロッカーを横倒しにして寝てたそうです。

タモリさんはこう言ってます。

「そのことに気づいた時には、グッとこみ上げるものがあったんだけど、
ここでグッときたら居候道に反すると思ってこらえましたね」

ところでこの話、人生にはひょんなことから、
扉が開かれることを示唆しているように思えます。

後になって振り返ると、ああ、あそこが自分の人生の扉だったのか、
と言えるような出来事がどなたにもあろうかと思います。

そんな扉って、ほんとにそれが扉であることに、
気づきにくいような入り口になっているようです。

タモリさんの話です。

『俺の人生の扉、ドアは、あのホテルのドアだった。
あれを開けると開けないでは、人生が変わっていた』

これは本当にすごい話ですよね。

タモリさんは、このホテルの部屋の前を偶然通りかかっただけかも知れません。

しかし、そこから始まるのはまさに夢のような話です。

タモリさん自身「これは俺を呼んでいる!」と言っていますが、このポジティブ思考が幸運を呼んだのでしょう。

人生って、いつどこでどんな幸運と巡り合うか分からないものですね。

参照元:http://amijuku.com/index.php?tamori2