【涙】責任感のない飼い主に捨てられ檻の隅で震えながら死を待つラブラドール・・・ シェルターでの状況を発信!

記事を読む前にいいね!を押してね!

アメリカ合衆国のノースカロライナ州に住む、タミー・グレイブスさんはある日、動物保護団体

『ヘイリー・グレイブス財団』

の代表をしている中で一匹の犬の姿が目に入り気になったそうです。

その犬はその日シェルターに連れてこられた黒いラブラドールで、壁に顔を向け、漏らしてしまったオシッコの上で震えていたそうです。

タミーさんは、その姿を見て言葉にできない悲しみを抱いたそうです。

この犬の姿が心に深く突き刺さったタミーさんは自身のFacebookに身内限定で写真と文章を投稿しました。

すると知人から

「この投稿は多くの人に知ってほしい」

と声が多数寄せられ、タミーさんは全体公開にし、シェルターでの状況を発信しました。

すると数多くの反響が寄せられたのです。

こちらが話題を集めた投稿です。

翻訳

これが、シェルターに置き去りにされた犬の現実です。

きっとこの子は昨日の朝、ソファや温かいベッドで目が覚め、餌を待っていたはず。

車に乗った時も

「公園に行くのかな?もしかしたら、病院かも…」

なんて考えていたと思う。

でも連れてこられた場所は、死臭に満ちた場所。
275匹の犬が

「ここから出して」

と吠えている声が響き渡り、大きな音を立てて檻の扉が閉められるシェルターだった。

ここに連れてこられた彼らは、二度と家に帰ることができません。
犬たちは、自分がどうなるのかわからない。
ひとつだけわかるのは、自分が

「ここに来たい」

と願ったわけじゃないということ。
そして、責任感のない飼い主の元に行きたいと思ったこともありません。
恐怖のあまり、自分のおしっこの上で震えているこの子…。
動くのも、目を合わせるのも怖くて、

「消えてしまいたい」

と思っているかもしれません。
だって、そうすればつらい運命から逃げられるのだから。

これが、責任感のない飼い主のせいで生まれた「シェルターの現状」です。

悪いのはシェルターではありません。責任感のない飼い主が、すべての元凶です。

飼い主に虐待を受けていたのか、この犬の顔には傷がありました。

職員の話によると、首輪も頑丈なものが着けられており強力な刃物で無理やり外したのだそうです。

タミーさんはこの犬を保護することを決意し、「ジューン・キャッシュ」と名づけました。

そして、タミーさんが属する保護団体のメンバーが一時的に引きとることにします。

シェルターから出たジューンの耳と尻尾は下がり
っぱなしでした。

檻の外へ出て車に乗せられた時も前の飼い主に捨てられた時のことを思い出したのかもしれません。

ジューンは保護されてしばらくしても心の傷は癒えません。

近くに人がいるだけでご飯を食べることができず、少しでも物音がしてしまうと怯えてしまうのです。

しかしケアの甲斐があってかジューンは少しずつ元気を取り戻していきます。

新しいベッドやお気入りのおもちゃやお菓子を買ってもらい、少しずつではありますが人間を再び
信頼し始めました。

そんな少しずつ心の傷が癒えてきたジューンには、もう一つ大きな問題がありました。

それは、前の飼い主が治療を怠っていたために患った重度のフィラリアです。

また、子供を何度も産まされていたらしく、身体も弱っていたのです。

ジューンは体調面、精神面で安定したら、里親を募集するそうです。

今度こそ温かい家庭で幸せに暮らせることを願うばかりです。

タミーさんはそんなジューンのような捨てられた動物たちのためにクラウドファンディングで活動
資金を募っています。

安楽死寸前に保護した犬・チャンスや瀕死の状態で捨てられていたセレニティ、そして、ジューンの手術代などの資金で非常に厳しい状況なのだそうです。

日本でも年間約32万頭もの犬猫が保護センターに引き取られ1年間で28万頭が殺処分されています。

このタミーさんが発信したシェルターでの現状を、多くの人々に知ってもらいたいと思います。

人間と同じように命を持っていペットたちの大切さを誰もが尊う世界になること心から願います。

参照元:Facebook