仲がいい夫婦ほど「しないこと」6つ

記事を読む前にいいね!を押してね!

「円満な夫婦」と「険悪な夫婦」のちがい

世の中には、いろいろな夫婦のあり方が存在すると思います。

極端な話ではありますが、同じ夫婦でも「円満な夫婦」「険悪な夫婦」がいらっしゃいますよね。

差がついてしまうのは、何か原因があるのでしょうか。

実は、「円満な夫婦」はやっていることよりも「絶対にやらないこと」を意識しているようなんです。

そこで、円満な夫婦ほど「これはやらないだろうな」と思うことについて、既婚の社会人男性にアンケートを取ってみました。

 

円満な夫婦は、どんなことを「しない」のでしょうか?

544931630e5d352d556073c7a7cff75a_s

(1)円満な夫婦はお互いの悪口やダメ出しをしない

●「悪口やダメ出し。相手を思いやっていない証拠なので」
(28歳/その他/その他)

●「相手の悪いところについて一方的に指摘。言われたほうは感情的になってしまう」
(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

円満な夫婦がやらず、険悪な夫婦がやりがちなことといえばこれですよね。

言って直るものなら言ったほうがいいけれど、そうでないなら悪口やダメ出しは言わないほうがいいかも?

 

(2)会話がないと一緒にはいられない

●「会話。会話がなければ一緒にいることさえもイヤになってくる」
(33歳/建設・土木/営業職)

●「会話。お互いについて、興味を持っていないからと考えた」
(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

お互いのことに興味があり、一緒にいるのが楽しいからこそ生まれてくるのが会話。

これがないと「一緒にいてもつまらない」と言われたように感じてしまいます。

(3)お互いの存在を無視しないこと

●「朝の挨拶すらしない夫婦は円満になんてなるはずがない」
(28歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

●「お互いを無視すること。話し合いをしない」
(29歳/機械・精密機器/技術職)

夫婦でいるとお互い「空気のような存在」になることもありますが、だからといって空気のように扱っていいかというと、そこはまた別。

相手に敬意を持つことは忘れたくないもの。

 

(4)ウソはつかない

●「隠し事しない。ウソをつくと後ろめたい気持ちが出てしまって、それが不信につながっていくから」
(31歳/自動車関連/その他)

●「ウソ。いずれバレることなのに、隠さなければ成り立たない関係であるため」
(31歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

相手に配慮してのウソならいいとして、結婚したら二人の信頼関係を覆すようなウソはつかないのが原則。

それがバレたときのことも考えられるのが円満夫婦です。

 

(5)家事・育児をどちらかに任せっきりにしない

●「育児をどちらかに任せること。死ぬまで恨まれ言われ続けると思うから」
(32歳/医療・福祉/事務系専門職)

●「家事をどちらか一方に押しつける」
(33歳/電機/技術職)

お互いに働いているのに家事・育児をどちらか一方に押し付けると、一方の不満がたまりがちに。

お互い得意なことを分担する協力体制がしけるのも円満夫婦の特徴?

 

(6)相手を束縛してしまうこと

●「相手の考えを尊重せずに、ルール化しすぎること(交友関係など)」
(34歳/ソフトウェア/技術職)

●「束縛。異性を含むメンバーと遊ぶことを許可しないなど、厳しい」
(34歳/その他/その他)

結婚してからも相手を束縛してしまうと家庭がギスギスしてしまうもの。

家庭では方の力を抜いて、お互いリラックスして一緒にいられる空間にしたいですよね。

 

「やめるだけ」で案外うまくいく

2e06d2d667bddbe65f08022cd8ba41c0_s

夫婦一緒に仲よく過ごすには、努力して何かするよりも、上記のようなことを「やめるだけ」で案外うまくいくことも多そうです。

無理して「仲が悪くなる習慣」を続けるよりも、ほんの少しの努力でできる「仲がよくなる習慣」を身に着けていきたいですね。

 

参照元:http://jonny.tokyo/kangaeru/27021