【娘の想い】男親一人で育てた娘にパパが気付いてあげれなかったこと。それは…

記事を読む前にいいね!を押してね!

娘が一人。
嫁は娘が一歳の時に、事故で嫁の両親と共に他界。
俺の両親も俺が高校時代に他界していた。

生活は何とかなったし、
会社内の保育園があって残業も出来た。
一人暮らしが長かったので家事も問題なかった。

なので、うちは大丈夫だと思っていた。
娘の小学校の授業参観に行くまでは。

まずクラス全体を見て「あれ?」と思った。
うちの娘だけ色味が暗い・・・
明るい色が服に文具にもサブバッグにも無い。

髪も他の女の子は、
可愛く結っていたりリボンやカチューシャをしているのに、
うちの娘はおかっぱ。しかも古いおかっぱ。

まずい。やばい。と思った。
恥を覚悟で、保護者会の後でまわりのお母さん達に、
子供服や小物について質問した。

うちの子の飾り気のなさを気にしてくれていた人が沢山いて、
でも口出ししたら悪いと思って言い出せなかったと言ってくれた。

髪も殆どの子は美容院に行っていた。
俺は自分で切っていた。
カチューシャ・バレッタと言う言葉も、
このとき初めて知った。

教えて貰った服屋に娘を連れて行った。
明るい色ばかりの、キラキラした飾りや、
ハートや星でいっぱいだった。

好きな服を好きなだけ選んで良いよ、
と言ったら娘は飛び上がって喜んだ。

今まで近くのスーパーの二階で買っていた服とは、
値段もデザインも全然違った。

微妙な年の娘に、今まで惨めな思いをさせてたんだな、
と泣きたくなった。
まわりの「お母さんがいる子」は可愛い服を着て、
なのにうちの娘は・・・・・・って。

大きな袋にいっぱい服を買って、
そのまま靴屋(これも近くのスーパーの中で買っていた)
サンリオやキティショップに行った。

車の後部座席もトランクも買った物でいっぱいだった。
家に帰っても娘の興奮は治まらず、
買った物を全部身に付けてファッションショーになった。

ちゃんとしているつもりだった、
不自由させてないつもりだったけど全然駄目だった。

娘のキラキラした笑顔を見て、反省した。
男親じゃ分からない事ってあるよ。
娘の髪がもう少し伸びたら、美容院に連れて行く。

終わり。

二人のお互いを思う気持ちが伝わってきて感動しました。

これをきっかけに二人の絆がより深まることを願います。

参照元:http://www.tanoshikoto.com/archives/34378016.html