【感動】5歳の男の子が犬にもたれ掛かっている姿に母は、涙を流した!その理由に胸が震える・・・

記事を読む前にいいね!を押してね!

サービス犬という犬を皆さんはご存知ですか?

障害者の耳や目、手足の代わりとなるように特別な訓練を受けた犬のことを言います。

身近なもので盲導犬や介助犬といった犬を聞いたことがあると思いますが、彼らはサービス犬の一種です。

そんなサービス犬のトルネードは、ある男の子と出会いました。

そのトルネードと出会った男の子の姿に彼の母親は涙を流したのです。

サービス犬との出会い

シャナ・ニーハウスさんは5歳の男の子の母親です。

息子はカイノア君。

実はカイノア君、自閉症を抱えております。そんな息子のために彼女は2年かけて、

サービス犬のトルネードをアメリカから彼女たちの住む日本へ迎え入れました。

初対面のトルネードに対して、息子がとったある姿に母親は涙したのです。

この写真には次のようなコメントが添えられていました。

「私は今までにこのような体験をしたことがありませんでした。

昨日、5歳になる自閉症の私の息子がアメリカから来た、

自閉症サービス犬のトルネードに初めて会いました。

私たち親子はアメリカ人ですが、日本に住んでいます。

そのため、トルネードに会うまでに2年もの月日を要しました。」

今までの苦労

この写真は息子の姿を見ている、母親の表情を写しています。

母親は自分の息子を思いっきり抱きしめることも、体を洗ってあげることも洋服を着替える手伝いさえ出来ません。

そんな息子が自分の意思で、言葉には出来ないけれどもきちんと愛情を持ち、初めて会うサービス犬にもたれ掛かっています。

そんな息子の姿を見ている母親の表情なのです。

それは何度も公園で友達を作ろうとしながらも、人との交流に失敗し続けた息子を見てきたからこその母親の表情なのです。

この息子さんは、今まで1人も友達が出来たことがありません。

そして、社会的なつながりも一切築けませんでした。

torune1

どんなに頑張っても、どんなにセラピーに通っても家族以外と繋がりを持つことのできず、夜中に泣き止まない息子を母親はずっと見てきたのです。

息子さんにとってセラピーを現実の世界に生かすことは大変難しいことです。

そんな彼が初対面のサービス犬にもたれ掛かった瞬間、母親は息子の後ろ姿を見つめ、声を押し殺して泣いていたのです。

母親はこの瞬間に今まで行ってきた治療や診断、新しいサービスを受けるための苦労、これまでに払ってきたお金、これまでに書き続けてきた書類の束、学校での話し合い、泣き続けた日々、進歩も後退もあきらめそうになった日々も、そのような全てに対して“やってきてよかった”と、思ったそうです。

自閉症児のためのサービス犬

不思議なことにこの時、母親はトルネードさえいれば大丈夫だと思ったそうです。

母親が苦しんだように、息子さんも困難や苦しい状況にぶつかっていました。

その姿を、母親は見守りながら泣いていました。

しかし、昨日はこれまでとは違う涙を流しました。

それは説明することのできない気持ちでした。

自閉症児は人の交流よりも、直観的に行動する動物との方が交流しやすいといいます。

そんな自閉症児のためのサービス犬はかなり高度な訓練を受けています。

そのため彼らの存在により、自閉症児が人ごみで感じる不安感から起こすパニック症状も抑えることが出来るので、人ごみの中でも安心感をもって行動が出来るようになります。

息子のカイノア君がサービス犬のトルネードに心を許した瞬間、母親は言葉では言い表せないほど感動したのです。

カイノア君も4本足のヘルパーであるトルネードと一緒なら、このような感動をこれからもっと沢山経験できると母親は確信しているのです。

参照元:Facebook