【涙腺崩壊】しずかちゃんの結婚式前夜の話に涙が止まらない…

記事を読む前にいいね!を押してね!

しずかちゃんと出来杉くんが演じる白雪姫のラストシーンを劇の練習とも知らずに目撃したのび太は顔を真っ赤にして怒ります。

クヨクヨ考え込むのび太にドラえもんはタイムマシンに乗って結婚式を見てくるようにすすめます。

未来に向かった二人。

しずかちゃんと結婚するのは・・・

のび太でした。

独身生活最後の日しずかちゃんは親子三人お別れパーティをやっていました。

ママに促されてパパに挨拶に向かおうとするしずかちゃんの姿を見てタイムマシンでやってきたのび太は

「なんか沈んでるな。
もっとうれしそうに
ウキウキすればよいのに」

とひとり思います。

「結婚の相手がきみだもんね」

というドラえもんの冗談。

このあと、しずかちゃんが
爆弾発言をするのです。
「パパ!

あたし、およめにいくのやめる!!」
「透明マント」でこっそり見守っていた
ドラえもんとのび太は驚きの表情です。

「わたしが行っちゃったら
パパさびしくなるでしょ。

これまでずっと甘えたり
わがままいったり・・・

それなのに私のほうは
パパやママになんにも
してあげられなかった」

するとパパはこう返します。
「とんでもない。

きみはぼくらにすばらしいおくり物を
残していってくれるんだよ。

数えきれないほどのね。

最初のおくり物は
きみがうまれてきてくれたことだ。

午前3時ごろだったよ。

きみの産声が
天使のラッパみたいにきこえた。

あんな楽しい音楽はきいたことがない」

ソファーに腰を下ろし
パイプを持ちながら静かに語るパパ。
ソファーから立ち上がり
絨毯が敷きつめられた部屋を
数歩進んで窓際に立つと

パパは楽しげにこう述懐します。

「病院をでたとき
かすかに東の空が白んではいたが
頭の上はまだ一面の星空だった。

こんな広い宇宙の片すみに
ぼくの血をうけついだ生命がいま
うまれたんだ。

そう思うとむやみに感動しちゃって。

涙がとまらなかったよ」

「それからの毎日、楽しかった日
みちたりた日日の思い出こそ、
きみからの最高の贈り物だったんだよ。

少しぐらいさびしくても
思い出があたためてくれるさ。

そんなこと気にかけなくていいんだよ」

しずかちゃんは心の底にあった言葉を
パパに正直に告げます。
「あたし……不安なの。

うまくやっていけるかしら」

次のパパの言葉はこうです。
「やれるとも。

のび太くんを信じなさい。

のび太くんを選んだ
きみの判断は正しかったと思うよ。

あの青年は人のしあわせを願い
人の不幸を悲しむことができる人だ。

それがいちばん人間にとって
だいじなことなんだからね。

彼なら、まちがいなくきみを
しあわせにしてくれると
ぼくは信じているよ」

現実世界の翌日
しずかちゃんが玄関のドアを開けると
そこに立っていたのは、涙を流しながら
「きっときっと

きみをしあわせにしてみせるからね!!」

と叫ぶのび太と
右手で大粒の涙を拭って立ちすくむ
ドラえもんでした。

しずかちゃんのパパ、本当に素敵です。

ドラえもんは本当に奥が深いですね。

参照元:ドラえもん