【ホリエモンも絶賛!】嫌いな言葉は「未来」学校に行かない11歳の哲学者、中島芭旺くんの言葉が深すぎる・・・

記事を読む前にいいね!を押してね!

ホリエモンも絶賛!嫌いな言葉は「未来」学校に行かない11歳の哲学者、中島芭旺くん

中島芭旺(ばお)くんをご存知でしょうか。

11歳の男の子です。

この男の子が、初めて書いた本がベストセラーとなって、その大人顔負けの言葉に「深すぎる」と絶賛され、大注目を集めています。

その深すぎる言葉を発することから、芭旺くんは「小さなからだの哲学者」と言われています。

そもそも芭旺くんがなぜ注目されているのかというと、9歳で自分の意思で学校に行くことをやめ、自宅学習を行うという、少し変わった生活をしているからでしょう。

学校に行かない理由は、自分の言葉でこのように綴っています。

芭旺くんは教科書からではなく、今目の前に起きている現実から物事を学びたいという意思を持っており、自分が会いたいと思う人に積極的に会いそこから学びを得るという生活を送っています。

そんな芭旺くんが手がけたベストセラー「見てる、知ってる、考えてる」は多くの人が心を打たれ、そして彼は見て聞いて思った言葉は、著名人の心も打ち、「へたな大人の言葉より、よっぽど心に響く」と称賛を送っています。

嫌いな言葉は「未来」学校に行かない11歳の哲学者、中島芭旺くんの言葉が深すぎる・・・

僕の最大の長所は、
1人では何も出来ないこと。
それを知っていること。
助けてっていえること。
知らないことが沢山ある。
地球上にあるいろんなことなんて、
無限すぎて、だから僕は無知である。

無知である。
無知であるから何かを発見出来る。
無知だから他人と協力してそれぞれが活きる。
無知とは最強の武器である。

無知ということ。
それは知るということそのもの。
何かを見つけることそのもの。

知らない。
それは幸福である。

悩みってその人の宝物で、
その人から奪っちゃいけないと思うんです。
現実ってその人に必要だから起こっている事だから。
僕は、かまってほしくて泣く。
でも周りに壁を作る。
親に壁を登って来てほしいから。

けど「くるな」って言う。
それは、来てほしいと言うと来てくれないかもしれない、
そう思っているから。

でも、本当は来てくれる。
そういうプライドを捨ててみるとかまってくれる。

壁の向こうから、声をかけてくれる人がいる。
その人達は、ここまで来てくれないけど、
向こうから話しかけてくれる。
親を呼んできてくれる。
そういう人がいると、嬉しい。

「人が泣く理由はかまってほしいから」

生きる意味について考えていた。
僕は今まで先の事を考えていた。
苦しかった。
ママに助けを求めていた。

今気付いた。

先の事を考えるより、
今だ。
今を楽しむ。
分かるはずのない先の事を考えるんじゃなく、
今だ。
今を楽しむ。
今を生きる。

大人の私たちにとっても大切なことを気づかされる5つの言葉ですね。

みなさんの心にも響いたのではないでしょうか。

そんな芭旺くんが嫌いな言葉は、「未来」なのだそうです。

多くの人が希望と捉える「未来」という言葉を嫌う芭旺くんですが、「未来」という言葉をどう捉えているのでしょうか?

芭旺くんは、「未来」についてこのように考えているそうです。

「後先のことを考えてたら、予定にすべて縛られる。先のことを考えるより今! 今を楽しむ。わかるはずのない未来のことを考えるんじゃなく、今を生きる!」

考えようによっては、あたり前と思えるこの考えを大人だからこそ、なかなか実行できないのではないでしょうか。

もともとは、小学校に通っていた芭旺くんですが、クラスメイトや教師、そして勉強方法が合わないと思い、学校を通うことをやめると選択しました。

そんな自宅学習を選んだ彼の生き方は、世間から厳しい目で見られることもあるようですが、芭旺くんの母親はこのように思いを語っています。

毎日つらい思いをしている子供を無理に学校へ通わせることが本当に子供にとってよいことなのでしょうか。今のやり方で芭旺がワクワク楽しんでいる姿を見ていると、私はこれでよかったんだと思います

そんな独自の視点から綴った言葉を読んだユーザーは…

芭旺くんは、自分の目で見たものを、自分の言葉で発していきます。

これから私たちにどんなメッセージを発信してくれるのか、そしてどんな人生を歩んでいくのか、この小さな哲学者の今後から目が離せませんね。