【夢を持って】小児がんと戦う3歳の男の子。「消防士になりたい」という夢が実現し、NYの”名誉消防士”に!!

記事を読む前にいいね!を押してね!

たった3歳にしてがんと闘う「トラッカー」くん。
彼は1年半前から神経芽細胞腫という小児がんと闘っているのです。

生まれたのはハワイのマウイ島ですが、がんの治療のため、現在はニューヨークに住んでいます。

そんな彼が消防隊長のジェームズさんと出会ったのは、ジェームズさんが消火活動をしていた時のこと。

ジェームスさんのもとに目を輝かした少年が駆け寄ってきたのです。

ジェームズさんは両手を広げ、その少年を抱き上げました。

その少年こそがトラッカーくんだったのです。

トラッカーくんはジェームズさんの体をよじ登り、首にハグをしたといいます。

その日から2人の間に友情が生まれたのです。

消防署へ通う日々

ジェームズさんはトラッカーくんを消防署に招待しました。

トラッカーくんの人懐っこい性格もあり、他の消防士の人たちともすぐに仲良くなりました。

そして、がんと闘うトラッカーくんは、ニューヨークの他の消防署にまで知られるようになっていました。

気づけば、生まれ故郷であるハワイのマウイ島でも有名な存在となっていたのです!

ある時、トラッカーくんに朗報が入りました。

名誉消防士に任命された

2016年5月31日、トラッカーくんはニューヨーク州のブルックリン消防署から名誉消防士に任命されたのです!

とても素敵な笑顔を見せてくれていますね(^^)

実はトラッカーくんの父親も消防士だそうで、ニューヨークに住む前にも何度も消防署に遊びに行っていたそうです。

消防士に憧れていたトラッカーくんの夢は見事に叶ったのです。

笑顔を絶やさずがんと闘ってきた彼にとって、とても嬉しい出来事だったのではないでしょうか。

これからも重い病気と闘うこととなるトラッカーくん。

けれど、本当の消防士になる日まで諦めずに闘い、病に打ち勝つことを願ってやみません。

参照元:http://grapee.jp/248105